選挙の季節!『マリア樣がみてる 仮面のアクトレス』

今野緒雪さんのライトノベル『マリア樣がみてる 仮面のアクトレス』。2006年7月10日に初版が発行されました。大きくは『黄薔薇、真剣勝負』『仮面のアクトレス』『素顔のひととき』で構成されています。細かくは、『黄薔薇、真剣勝負』が『自転車乗り』『手合わせ』に分かれており、『仮面のアクトレス』が『始業式の甘えん坊』『説明会と密会』『一年椿組はふつう』『仮面の下には』に分かれています。
『黄薔薇、真剣勝負』は、黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)の支倉令とその妹である由乃が気になっている中等部3年の女の子・有馬菜々が剣道で勝負するお話です。
『仮面のアクトレス』は、次期薔薇さまを決める生徒会役員選挙のお話です。白薔薇さまの志摩子、紅薔薇のつぼみの祐巳、黄薔薇のつぼみの由乃の他に、祐巳のスールの申し出を断った瞳子が立候補し、波乱がおきます。
『素顔のひととき』では、『仮面のアクトレス』の一場面を3年生の祥子と令の視点から描かれています。

選挙の季節!『マリア樣がみてる 仮面のアクトレス』

私も現に教え子を教えて1年間がありますまとめです。

 この時期になるとどうしても不登校とか自閉症がどうとかニュースで出ますがそれ等をテレビやメディアで出す方がどうか知れてるのですそれを拡散さんすることで自分もそうだうちの子もそうだと思い込んで逃げる親や子供が多くなるのです。これをメディア予備群と私は勝手に言っています。現に注意しないで親から叱られないで育った近所の子供が人の家のアパートに入り込んで下着をの住んだり人の洗濯物を匂い嗅いでいたとかそうゆうこともあるのでそれのが怖いことだと思います。だからある程度、そう言ったことをさせないとかでないでメディアを制限することも必要なのです。それとやはりもっと大人が子供が間違え悪いことをしていたら怒鳴ってもいいと思います。怒鳴れないから学校へ報告する警察通報するだと対応してくれるところならいいですがしてくれない公共機関が多いのが事実です。現に中学生が大人や不住な女性を強姦したという例も多くあるのですテレビやニュースにならないだけで多い事件は沢山あります。ミュゼ 足

私も現に教え子を教えて1年間がありますまとめです。