選抜高校野球の組み合わせが決定し注目の早実は明徳義塾と対戦

選抜高校野球の組み合わせ抽選会が行われ、今大会で一番の注目を集める清宮君がいる早稲田実業は大会5日目の第2試合に高知代表の明徳義塾と対戦することになりました。強打者と明徳義塾という組み合わせで思い出されるのは、1992年の夏の甲子園でのゴジラ松井の5打席連続敬遠でしょう。当時社会的ニュースにもなったこの出来事の一方の当事者である明徳義塾の馬淵監督ですが、松井が現役を引退してもまだ監督で頑張っていたようです。馬淵監督のコメントから今回は全打席敬遠はないようで、「もしやったら松井に怒られる」とのコメントもあることから、馬渕監督的には現時点では当時の松井の方が今の清宮君よりも上だったという見立てなのでしょう。清宮君が1年の時には甲子園で2発のホームランを放っていますが、今大会は日本中の野球ファンが彼の成長がどの程度なのか楽しみにしていることでしょう。松井はその後プロに進み、ジャイアンツ、ヤンキースで活躍する偉大な選手となりましたが、馬渕監督の見立て以上に清宮君が今後活躍していくことができるのか、いずれにしろ注目したいと思います。

選抜高校野球の組み合わせが決定し注目の早実は明徳義塾と対戦