物語のその先に扉が見えるという話などをします

その先というのは、主人公たちが、その時点での立ち位置付近を、意味しています。正方形の形をしたそのエリアで、敵は、出てこなくて、とても静かな空間を、主人公たちは、ゆっくりと進んでいきます。少し寂しい感じもあるのですが、面白さだけで、進めるだけの、ストーリー性では、ないことからも、その静けさも、時として良いものと、感じることも、出来ます。みんなでわいわい騒いだりとかしてるのも、にぎやかで、良かったりもします。主人公たちは、直進していくことから、扉の手前にたどりつき、扉を、開けて見ると、そこには、そんなに広くない部屋で、ばあさんが、1人で、寝てるだけの状態の部屋になっていて、気分良さそうに寝ているから、こちらの都合で、聞きたい事は、あるんだけど、起こして聞くのも悪いと思ったし、下手に途中で起こしたがために、怒られる原因につなげたくないなどの事を、考えたりもしています。なので、しばらくようすを、見てはいるのですが、いっこうに、すぐには、起きそうにもない状態となっているのです全身脱毛サロンおすすめ人気ランキング

物語のその先に扉が見えるという話などをします